検索する女性キャッシング申込時には審査が気になりますね。
当サイトではキャッシングの審査について、また審査を通しやすくするにはどうしたらいいのかご紹介いたします。

キャッシングの審査とは


案内お兄さん

キャッシングの審査とは、キャッシング会社が融資を行った際にその人に返済能力があるか、いい加減な人物ではないかを確認することです。
キャッシング会社の審査基準は、キャッシング会社によって異なります。
銀行系は厳しく、信販系、流通系、消費者金融系の順に緩くなります。
 
キャッシング会社などは銀行などから数%の金利で融資を受け(お金を借り)、それを上限金利20%で個人に貸し出した差額で利益を得ています。
仮にキャッシング会社が銀行から100万円を1年間借りた場合の利息は年利5%として5万円。
銀行から借りたその100万円を個人に年率20%で貸した場合、20万円になります。 メチャクチャ儲かるわけです。
ですからキャッシング会社は審査結果のいい人にはどんどん借りてほしいのです。
 
キャッシング会社は「3件規制」という、4社から借入れを行っている人には融資はしないという自主規制のルールがあります。
しかし、銀行から低利で借り、高利で貸した利息で収益を出すわけですから、借りてくれなければ潰れてしまいます。
したがって競合他社に対抗するためにも審査を甘くし、リスクを背負ってでも業績を伸ばしたいキャッシング会社、消費者金融があるのです。
 
しかしながら現在の状況はキャッシングの審査が相当厳しくなっています。
なぜなら、平成19年12月に貸金業法の改正がありました。
年収の3分の1以上貸さないなどの総量規制や、2009年にも貸金業の上限金利が現行の年29・2%から20%に引き下げられるなどに改正されたからです。
 
以前は借りる側の責任だけでしたが、今後は貸す側にも責任が及ぶことになったためキャッシングの審査が厳しくなるのは当然といえます。
キャッシング会社は新たな貸し出しが出来なくなるための防衛策として、店舗閉鎖、合併、リストラなど縮小に向かっています。
また経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしています。
 
楽な人は喜ぶでしょうが、苦しい人はどんどん苦しくなります。
行き場をなくした消費者金融利用者は法外な利息を要求する「ヤミ金融」に流れると考えられています。

サイトMENU

Copyright (C) 2008 by キャッシング審査ガイド All Rights Reserved.